©2018  EARTH GYPSY JAPAN

クリスマスに、タイの孤児院の子どもたちへZENCHOカードをプレゼントしよう

Let's give ZENCHO cards to children in Thailand's orphanage at Christmas

| 子どもたちへのPresent  |

​画像はサンプルです。

・ZENCHOカード 1枚

・Xmasカード(あなたの短いメッセージを制作スタッフで代筆)

・案内状

・バッジ

​・封筒(あなたの名前で贈ります)

※BASEで購入後、登録フォームが送られて来ない方は▷こちら

今年、とても素晴らしい機会が巡ってきました。

 

​それは、ミャンマーとの国境近くにある、Baan Unrak Foundation(▷HP)が運営するHouse of Joyという孤児院があります。

そこで支援活動を行う、Ishaという18歳の女の子と出会いました。

 

この孤児院には、主に難民問題にさらされた子どもたちが暮らしています。

素晴らしい教育、瞑想の習慣、菜食中心の食事、スタッフからの愛情が揃った場所です。

​しかし、社会情勢という大きな流れに流され、難民になった子どもたちの心のケアは、まだ十分ではないということでした。

 

そこで、子どもたちと施設で働く方達へ、“クリスマスに、日本からZENCHOカードをプレゼントする” 約束をしました。

​タイの孤児院の子どもたちへ、クリスマスにZENCHOカードを贈るという機会が巡ってきたのです!

今回、子どもたちのためにGIFTというテーマでメッセージを書きました。

一人ひとりが持つ、魂の偉大さ、輝きを思い出し、尊厳を取り戻してほしいという願いが込められています。

イラストはmaho shonoによって新しく描かれ、デザインは、高橋実さんによってメッセージにあった新しいものに変更されます。

メッセージは、翻訳家でもある遠田光代さんによって訳され、Jeff Garmanによって最終チェックが行われ、完成します。

全て1から制作するので、とても費用がかかります。

どうしても掛かる経費以外は、制作スタッフも謝礼程度のほとんど無償で協力してくれました…!

​この有志で発足されたキャンペーンに、ぜひあなたも参加してください。

​今年のクリスマスは、タイの子どもたちへ、ZENCHOカードと愛を贈ろう。

素晴らしいクリスマスになるだろうーー

『クリスマスに、タイの孤児院の子どもたちへZENCHOカードをプレゼントしよう』について記事を書きました。▷こちら

プロジェクト内容

¥3,000で、ZENCHOカードをタイの孤児院の子どもへ送ることができます。

封筒にはあなたの名前が書かれ届けられます。ZENCHOカードと共に、あなたからのメッセージも添えて送ります。

(登録フォームにメッセージを記入してもらい、制作チームが「クリスマスメッセージカード」へ代筆します。)

 

希望する人には住所を記入してもらいます。もしかしたら、子どもたちから直接お返事の手紙が届くかもしれません!

募集期間 

11月23日(金)20:00からHPからお申し込みができます。12月7日(金)23:59までの募集です。

 

募集 

200名

 

お申込後の流れ

①BASEにてお申込み後、お振込確認の取れた方から順に、Seeds project事務局より「お申込み完了メール」をお送りいたします。

 

②メールに記載されたフォームから、「 日本にいる友人 」として、タイの子どもたちへ届けたいクリスマスメッセージをひと言お送りください。(※できるだけ英語で書いてくださいね。日本語のものは、google翻訳を使う可能性があります。。!)

 

③お送りいただいたメッセージを小さなカードに手書きで代筆し、ZENCHOカードと同封して現地へ送ります。※その際に、お名前とご住所をカードに記載させていただきます。

 

 

 発送について 

12月24日のクリスマス・イブに現地の施設にいる約200人の子どもたちと施設の方へ届けられます。

お申し込みが多い場合、封筒に連盟でお名前を書いて送る形をとります。

 

▷孤児院の施設ホームページはこちらです。(海外言語での表示となります)

http://www.baanunrak.org/village

孤児院の様子が動画で見ることができます(Baan Unrak Children's Home)

▷お問い合わせは、Seeds事務局まで(こちら